スポンサーサイト

  • 2014.07.24 Thursday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • -

DSM-5と発達障害

  • 2013.07.21 Sunday
  • 04:58
7月20日、SENS東京支部会の年2回ある定例会で、筑波大学の宮本信也先生をお招きし、「発達障害に関するいくつかの話題−DSM−5における変更を中心に−」という4時間の素晴らしい講演があった。私の記憶にある要点だけを箇条書きする(あくまでも私の理解の範囲内でのメモなので、不正確な記述があるとすれば、それはすべて私の理解不足からの責任である)。

○米国の精神医学における診断書DSM−5が本年5月に刊行、現在日本語訳作業が進行、12月もしくはそれ以降に出る予定。2年後にはICD−11も改訂されるが、それらを受けてわが国の発達障害などの法律概念も再考する可能性が出てくるだろう。
○今回のDSM−5における目立つ改訂点は、これまでの多軸診断が廃止されたこと、特に自閉症についての概念定義が変わったことがあげられる。
○ICFを背景に、症状と日常生活での支障、支援の必要程度に応じた重症度が一つの特徴。
○日本語訳では、原則、障害を使わずdisorder(disability)は「症」とする可能性が検討されている。複数は症群。

○発達障害関連では「Neurodevelopmental Disorders(神経発達症群)」(日本語訳はあくまでも暫定的な翻訳案)の登場。そのなかの主だったものを挙げると
 ・Intellectual Disabilites
 ・Communication Disorders
 ・Autism Spectrum Disorder
 ・Attention-Deficit/Hyperactivity Disorder
 ・Specific Learning Disorder
 ・Mortor Disorders 

●Intellectual Disability(Intellectual Developmental Disorder)(知的発達症)
 ・MRに代わって
 ・診断基準からIQ値削除(知的能力の検査による測定を否定してはいない。/IQは誤差を含めて判断することが必要。概念機能の評価にはよいが実生活の状態像やスキルの評価には不十分。/IQ以外に、臨床的な総合判断が重要) ・Global Developmental Delay(5歳以下:全般的発達遅滞)とUnspecified(5歳以上非特異的)を加える。
 ・診断基準
  A 臨床的評価と標準化された個別知能検査の両方で確認された知的機能の遅れ。
B 複数の場で確認される適応能力の問題。
  C 知的機能の遅れと適応能力の問題は、発達期に出現する。

●Communication Disorders(コミュニケーション症群)
 ・Language Disorder(言語症:IVの表出性言語障害・受容表出混合性言語障害に代わって)一元化
 ・Social(Pragmatic)Communication Disorder(社会的(語用)コミュニケーション症)の新設
ASD診断基準Aのみ (アスペルガー障害の受け皿になる可能性)
   ASDの診断基準B 現在あるいは過去にあり⇒ASD なし⇒SCD 

●Autism Spectrum Disorder(ASD:自閉症スペクトラムor自閉スペクトラム症)
 ・PDDの廃止
 ・A 意思疎通や対人交流に関する問題が、持続的に複数の場面で認められる。
  B 限定された行動パターンや限定された関心・活動領域の反復
  C 症状は発達早期に見られなければならない(年長以降では表面化しなくなることもある)
 
  ASDはAとBの両方を満たす。ASD診断はIVにより診断されているものはASD

●Attention-Deficit/Hyperactivity Disorder(注意欠如・多動症)
 ・IVとあまり変わらないが、部分寛解状態の有無 ASDの記載なしが除外(ASDとの併存診断可)
●Specific Learning Disorder
 ・A 以下の学習スキルの習得の困難の1つ以上が、6か月以上続いている。
  B 学習スキルの問題は、歴年齢から期待される程度を明らかに下回り、学業や仕事あるいは日常生活において著しい支障をきたしている。学習スキルの問題は、標準化された個別学力検査と詳細な臨床評価によって確定される。
  C 学習困難は、学歴に出現するが、学習に関する要求水準の程度によって表面化しないこともある。
 ・診断時の特定事項
   読字、書字、算数
(以下略)

スポンサーサイト

  • 2014.07.24 Thursday
  • 04:58
  • -
  • -
  • -
  • -
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

PR

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

search this site.

selected entries

categories

archives

links

profile

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM